FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり投稿^^;

今月いっぱいは関東に出張中です^^;

大分での事は最近全然UPしてなかったので、今週ぐらいから、こっちで僕のロングボウ使用歴もUPしよぉと思います^^

興味のある方は、連絡下さいな^^
今度の3連休は、まだ空き時間あります^^
スポンサーサイト
[PR]

23歳OLさんとデート^^

先日、このブログにコメントくれてた23歳のOLさんと会ってきました^^
最初はメールのやり取りから結構、積極的に会おうとしてくれていたので、僕もスケジュールを空けて会う事が出来ました^^;当日は、別府駅で待ち合わせ^^お互いにメールで写真交換していたので、すぐにわかりました^^

実際に会ってみると、写真よりも可愛く小柄で、さらに声がカワイイ方でした。待ち合わせ時間が夕方だったので、僕の車でドライブしながら食事する所を探す事にしました。
ドライブ中も彼女はカワイイ声で話しをしてくれるので、「エッチ中は、どんな声なのかなぁ?」と気になってしかたがありませんでした。お互いに今までのエッチの話とかを車内でしていると、少し膨らみかけている僕の愚息に彼女が手を伸ばし、軽く撫でてきたので、このまま行き先をホテルへ^^;まだ夕方だったので部屋も十分に空いていました。

部屋に入ると、まずは部屋の物色^^;一通り部屋を見た後、2人でベッドに座り軽いキスをしながら、服の上から彼女の小柄な体を触っていく。ゆっくり脱がせ合っていると、だんだん彼女の息にもスイッチが入ってきたらしい。僕も彼女の秘部に指先で確認するとパンツの上からでも十分に湿度が伝わってくる。
ゆっくり、彼女のパンツを脱がせ秘部を触ると指が、彼女の吐息が聞こえてくる。彼女の秘部をゆっくり愛撫していると彼女が喘ぎながらすっかりビンビンになっている愚息に手を伸ばしてくる。
小柄な彼女には少し遠かったみたいだったので、僕の上に乗せ69体勢に^^僕の愚息を一生懸命に舐める彼女に応えるべく、僕も彼女の秘部を愛撫していると時折、彼女の口が止まりカワイイ喘ぎ声が聞こえる^^彼女の秘部を舐めながら掌で、おっぱいを触っていると、そろそろお互いに入れたくなってくる^^

愚息にゴムを着け、正常位で彼女の脚を開き、ゆっくりと進退を繰り返しながら彼女の中に入っていく^^間もなく、彼女の最深部に到達すると彼女も「ふぅ。入っちゃったね^^」って笑顔で言ってくれた^^軽いキスをしながら最深部まで入ってる愚息を、ゆっくりピストンさせると少し甲高い喘ぎが聞こえてくる。だんだんとキスがディープになっていく。繋がっている愚息と秘部を更に密着させたくなったので、繋がったまま彼女を抱き抱え対面座位になる^^この状態で彼女のお尻を僕の愚息に押し付けてグリグリすると愚息の先端が彼女の最深部に押し付けられるので、彼女が仰け反って喘ぐ。勢いよく仰け反って頭打ちそうだったので、彼女を抱き寄せ密着した状態でグリグリすると「当たるよぉ。奥に当たってるよぉ」って僕に抱き付いたまま喘ぐ彼女。

何度か彼女が痙攣し達したので、あんまりグリグリばっかりするのも…と思い、彼女をベッドに押し倒し正常位になり愚息の根元から先端まで使ってフルストロークで出し入れする。ピストンの最中に、愚息を抜いてしまって、すぐに入れると彼女から「はぅやんっ」って声が…^^;あとで聞いたら「はぅ」と「いやん」が同時に出てしまったらしい^^;やっぱ、亀頭があたる部分って感じるらしく、少し彼女の入口と僕の愚息先端だけでショートピストン^^すると彼女が「行く。またっ、行っちゃうっ!!」って言いながらビクビクンっと痙攣する。程なく僕の愚息にも込み上げてくるものが^^;先端ばっかり刺激されてたので、彼女とはちょっとの時間差だったけど僕も行ってしまい、1回戦目終了^^

まだ、お風呂に入っていなかったので、2人で入る事に^^湯船で少し温まってからは、お互いに洗い合いながら敏感な所を探す^^だんだんエロエロモードになってきたけど、そこは我慢してベッドに戻る。

ベッドに戻ってからは、早速2回戦目開始^^;僕は少し丹念に彼女の秘部を弄り舐める事にした。もちろん彼女の反応を見ながら彼女の気持ち良い箇所を攻めます^^最初は内腿を鼻先でなぞりながら彼女の秘部を目指す^^秘部に着いたら舌先でクリに挨拶^^舌先を曲げたり、ストローみたいにしてると彼女が喘ぎながら僕の愚息を求めてきたので、またもや69状態に^^;
ゆっくり愛撫していると彼女の秘部が垂れる程、濡れてきたので彼女を僕の横に寝っ転がらせて2回目の合体へ^^

今度は、彼女に後ろから抱き付き、寝バックで挿入。さっきまで垂れる程濡れていた彼女の愛液が愚息に絡まって彼女と僕の間でビチャビチャ音をたてる^^;その音に刺激されてか、腰を振るスピードが速くなる。彼女には、四つん這いになってもらい、体勢をバックに変更^^小柄な彼女を後ろから見ながらエッチしている事に興奮して、彼女に覆い被さるカタチで腰周辺を彼女に擦りつけるように腰を振ると、やっぱ奥に当たるのが気持ち良いらしく彼女からも、お尻を擦りつけてきました^^;

バック体位でピストンしているはずが、だんだんピストンじゃなく愛液が音をたてグチュグチュと擦りつけ合いになっていました。そろそろ僕もイきそうになってきたので何度も痙攣している彼女にイきそうな事を告げると「来て!来て。一緒にっ!」って言いながら、今度はほぼ同時に2人で果てました。

その後、ベッドで息を整えてからシャワーを浴び、ホテルを出ました^^
帰りの車内でも愚息を触ってた彼女と、また会う約束をして、この日は解散しました。以上。

長身人妻さんの緊急依頼^^

平日の夜に長身人妻さんから連絡があり『2時間しか自由時間がないけど…』って、ちょうど僕も一人ドライブに行く予定だったので、別府の某所で待ち合わせして、そのままラブホへ行きました。

部屋に入ると、時間がない為か何だか焦ってる彼女。
落ち着いてもらう為に後ろから抱き締め、ゆっくりキスをする。すると、彼女の中で張り詰めていた空気が抜けるかのように彼女に落ち着きが戻ってきました^^
ベッドに腰掛けてキスをしながら話を聞いていると、旦那が飲み会に出かけた隙に僕と会う事を思い付いたそうでした。飲み会なら2時間じゃ終わらないでしょ^^って説得して、2人でお風呂に入り、お互いに体を温めました。

湯船を出ると、せっかく温めた体が冷えないうちにベッドに潜り込み69状態です。お風呂でも弄ってたので彼女の秘部は十分に解れ、愛液で潤っていました。
僕が指をゆっくり滑らせると深い溜息をつき、Gスポットを弄ると「ん。あっ」と感じてくれていました^^予定では2時間しかなかったので少し急ぐ事にし、彼女に口でゴムを着けてもらい、ゆっくりと正常位で彼女の中に入れて行きました。

彼女の程なく最深部に到達すると久々のエッチらしく彼女が下から足を僕の腰に絡め抱き付いてきました^^下から抱き付いた状態で腰を擦りつけてくる彼女。以前、最深部でグリグリしたのが気持ちよかったみたいで、今回もリクエスト通りに僕の腰に絡めている彼女の長い脚を解き大きくV字に広げ、最深部グリグリしました。その間、彼女は腰が擦れる度に「イっちゃう。イっちゃう」と喘ぎ、絶頂を迎えていましたが絶頂に達する時に彼女の体勢が仰け反った状態になるので、そのタイミングで僕が更に押し込むと「あっ!やっ!子宮が押されてるっ。またイクっ」って叫び喘いでいました。
折角会ったのに、グリグリばっかりしてるのも、もったいないので体勢を寝バックに変え彼女の胸を触りながらフルストロークで出し入れや、繋がったまま彼女の秘部に手を伸ばし僕の愚息は彼女の最深部を、指はクリを攻めていました。だんだん僕にも絶頂の兆しが…体勢を正常位に戻し2人して絶頂に向かって行き、1回戦目終了しました^^;

2人ともベッドに倒れ込み息を整えてから再度、お風呂に入って撤収準備^^のはずが…お風呂で、もぉ1戦しちゃいました^^;湯船の中で挿入し、そのまま彼女を抱えて湯船から出てお風呂の床に寝ころんでの騎乗位。彼女は「腰が止まらないww」って言いながら腰を動かしていたので、僕が下から腰を支え突くと一気に絶頂へ^^僕の上に崩れ落ちる彼女を受け止め、今度は彼女の膝の下にタオルを敷いてバックで合体^^湯船の淵を抱え込む彼女の胸を後ろから揉みながら腰を振り、遊ぶ事なく純粋に絶頂を目指して2回戦目終了^^

さすがに、この後は湯船には入らずシャワーを浴びてお風呂をでました。
結局2.5時間位経っていたのでホテルから撤収し彼女を送り届け、解散しました。

初出会い系 29歳 人妻さん

今回は出会い系に手をだしてみました。やっぱサクラが多いみたいで、なかなか本物の女の子に遭遇しない(-.-;そんな中、やっと29歳の人妻さんと知り合う事ができました^^

やっぱり…(-.-; って、思ったのが『ホテル別いちはち希望』ってwww援はしないのが僕のポリシーなんで(-.-メ)そんなんやったら危険を冒してまで人妻さんにアタックしないで、泡姫と戯れます。って返事をしてあきらめていました。そしたら翌々日に援はなし+ホテルも割り勘で会いたい。って… 大丈夫か?この人は!?もしかして、Mっ気満点な人なんだろうか…なんて思いながら実際に会ってみる事にしました。

当日、大分駅の待ち合わせ場所にやってきた29歳人妻さん^^
見た目、スラッっとしててミニスカ+ブーツにロングコートの可愛い感じの綺麗な人でした。初対面なんで、挨拶がてら近くの喫茶店で昼食をする事に。食事中は、今までの出会い系での成果や、どんなHをしてきたのか…etc…を周りの人に聞こえない様にコッソリ聞いていました。食事も終わり、僕で良いのかを確認すると『こちらこそ、よろしくお願いします』と謙虚にOKを頂いたので、僕の車でホテルへ行く事にしました。

いつも通りに平日の昼間なので、ホテルはガラガラ^^部屋に入り、一通り部屋の物色^^お風呂の準備をし、湯船がいっぱいになるまで、彼女と戯れようとしてベッドに戻る。彼女の肩を軽く掴んでキスをすると待ち切れなかったのか、積極的に舌を絡めてくる。僕も応戦するように彼女の舌に絡めるようにキスをする。だんだん彼女との距離が縮まってきたので、彼女を脱がしていく。すると彼女は既に、びしょびしょになっていました。「キスしかしてないのに、もぉびしょびしょだよ?」って聞くと、さっきの喫茶店でコッソリ質問されていた時に濡れまくっていたみたい^^;こんなに濡れてたら今すぐにでも合体出来そうだったので、彼女にフェラしてもらい僕の愚息をビンビンにしてもらったら、今度は僕が攻める番^^ゴムを着け、ビンビンになった愚息の先端で彼女のビラビラをなぞると彼女から「はぁぁ、はぁぁぁ」と甘いため息が聞こえてくる。

愚息の先端でクリの周りを、ゆっくりなぞると彼女の愛液が、少し垂れてきた「もぉ入れて」と彼女からカワイイお尻を突き出してくる^^少し焦らすように彼女の秘部に愚息の先端を少し入れては出したりして、ゆっくり彼女の中に入って行く。入って行くにつれて「あ、ん…んぐ、はぁぁぁ」と彼女の息を殺したような声が大きくなってくる。僕の愚息が彼女の最深部に到達し、一旦動くのを止めてみた。彼女に一番奥に突き当たった事を告げ、痛くないか聞くと全然痛くないけど奥を押される感じだそうな^^僕の愚息は、まだ余ったいたので少し彼女の最深部を押してみると彼女が仰け反って喘いだ。痛かったのかと思って心配して聞いてみると、こんなに奥を押された事がなかったのと、凄く気持ちよかったんだって^^;じゃぁって事で、ガンガン奥を突く事にした。正上位で奥をグリグリしてからバックへ体位を変更する。バックから彼女の胸を揉みながら緩急入り混ぜて彼女を突くと枕を強く握って快感に浸り、突く度に喘ぐ彼女。何度か速度を速めて突いていると彼女の腰がビクッビクッっとして絶頂を迎えたみたい^^僕はまだ発射していなかったけど、身体を離して彼女が落ち着くのを待ってからまだ入っていなかったお風呂へ一緒に行く。

もぉ一度合体しちゃったけど、お互いに体を洗い合いっこしました。どぉも、洗い合うというか…触り合うみたいになってしまう^^;一通り洗い(触り)合い湯船に僕が先に入り、後から彼女が僕の上に座るように湯船に入ってくる。湯船の中だとゴムは着けてなかったので、彼女が僕の上に座った型のスマタ状態になり少しお互いに擦り合わせながら、おしゃべりしていました。

お風呂から出てベッドに戻り布団に入ると、スイッチ入りっぱなしの彼女を後ろから抱き締め、また少しスマタを楽しむ^^彼女の秘部がグッショリ濡れたままだったので秘部を指で弄る。Gスポットを弄ると程なくして彼女が絶頂を迎える。愚息もビンビンのままだったので彼女に軽くフェラしてもらいゴムを装着^^ベッドに横たわると寝バック状態でグッショリ濡れた秘部に愚息を擦りつけ、彼女の愛液を十分に絡んだ愚息を秘部の中に進めて行く。寝バックは、お互いの密着度があって僕の好きな体位^^奥をグリグリしたり、愚息のフルストロークを使ってピストンしたりして楽しんでいると、愚息に絶頂の気配が^^;彼女に、そろそろ行きそうな事を言うと「来て、私も行きそう」と言うので正上位に体勢を変え、お互いに絶頂を目指し本日1回目の発射w

2人して布団に入り、しばし休憩^^休憩中も僕は彼女のお尻から秘部を触り、彼女は僕の愚息を握り先端を指先で弄っていました。だんだんと休憩中の軽い弄りから本気弄りモードに…

彼女が十分に濡れてきたので、少し集中して彼女の秘部を指で刺激する事にしました。Gスポットを弄っていると彼女が「だめ!だめ!だめ!」と泣きそうな声で喘ぎながら今日初の潮噴き達成^^僕はゴムを着け、潮を噴いたばかりの彼女に入れて行く。正上位で最深部まで入れてグリグリすると彼女からさらに腰を押しつけてくる^^さらに腰を振ると繋がっている所は、彼女の潮と愛液でグショグショになっているのでグショグショ音がでる。僕は愚息をフルストロークで動かし腰が当たる度にパンパン押し付けていました。体位をバックに変え、またフルストロークでピストンしていると、その度に彼女の最深部に当たるらしく「や、また…またイキそう」と言うので今度は一緒に行けるように正上位に戻って、僕も絶頂を目指してピストンする。程なくして、愚息の先端から本日2回目が発射されました^^;

彼女も僕も十分に絡みあったので、今日は終了って事で軽くシャワーを浴びてホテルをでました。帰りの車内では今日のHが気持ちよかったと言って、彼女がフェラで1本抜いてくれました^^当然、次に会う日の約束をして解散しました。

あの、最初の『いちはち』はどこに消えたんだろうか…^^;

28歳事務OLさんと雪合戦

久しぶりに更新^^;
以前の更新から、ちょくちょく何人の方とは会ってはいたんやけど全然記事にしていませんでした^^;

28歳事務OLさんから連絡があり雪が見たいとの事で、別府駅で待ち合わせしてると雪山仕様にレインブーツの彼女と合流^^途中のコンビニで暖かい飲み物を買って、山に向かってドライブに行きました。

溶けてるかもしれないなぁとか思いながら行ってみるとシャーベット状ではあったけど意外にも雪が残っていました。
外は寒くなくて楽しく遊べました^^でも、シャーベット状の雪遊びすると2人とも手も服もびっしょり濡れてしまった^^;
お互いに手を温めていると、だんだん距離も普段以上に近くなってきたので暖かい所へ移動ってコトでホテルへ入りました^^
ホテルに入り、「まずは、お風呂!」なので風呂を準備し、お湯が溜るまで、さっき雪遊びした写真を見たり、小さい頃の雪遊びの話とかして盛り上がってました。

2人で、ゆっくり湯船に浸かりベッドに戻るとイチャイチャモード開始wお互いに唇を合わせながらお互いの良い所を触り合う。
僕は彼女の吐息が漏れる口から、だんだん下へ移動し彼女のクリを吸うように舐めていると彼女が口寂しかったのが我慢できないみたいで、彼女を上に乗せ69状態になり舐め合いっこしていました。
指でGスポットを弄るとフェラが止まり良い声で喘いでいました。レスポンスが良かったので、ちょっと楽しくなって『指を動かすと彼女が喘ぐ』のを繰り返してたら彼女が達した後、軽く怒られました^^;
気持ち良かったんだから良いじゃんって言いながら触りだすと良い具合に反応してくれる彼女。そろそろ欲しくなったので「入れて良い?」って聞くと笑顔でコクンを頷いてくれました。

ゴムを着け、今日の最初はバックでしたかったので彼女の可愛いお尻の割れ目にムスコをスリスリしていると彼女から吐息混じりの声で「入れて」ってwそりゃぁ入れる気満々にさせられましたww
先端を出し入れして、ゆっくり彼女の中に入って行き僕の根元より少し手前で彼女の奥に到達^^山で冷えた身体も、お風呂で解れてたみたいで感度の良い彼女にゆっくりピストンして、たまに奥をノックすると大きな喘ぎ声で感じていました。繋がったままベッドに倒れ込み寝バック状態^^この状態だと少しピストンするだけでいつも以上に感じるらしく彼女は何度も絶頂を迎え乱れていました。
今度は彼女を仰向けにして正上位でピストンしながら彼女の胸を舐めていると彼女が下から抱き付いてくる。
腰を動かし彼女の奥をグリグリしながらDキスでお互いを求めていると、またもや彼女が達してしまったみたい^^;
それでもキスを止めなかったので、今度は僕が絶頂に向かって腰のスピードを上げるw正上位なので、お互いの顔を見ながら「そろそろ行くよ」と言うと「来て、来て!」と言われて発射w
そのまま彼女の上に倒れ込み息を整えて彼女のに軽くキスをして身体を放す。彼女も落ち着いたので一緒にお風呂に入りゆっくりする。

エッチの後のお風呂はお風呂で毎度の事ながら興奮するもので…^^;さっき発射したのにお風呂でお互いを洗い合いっこしているとだんだんと元気になっていく僕のムスコwww
一通り洗い合い(触り合い?)をしたら、ゴムを着け、彼女をお風呂の壁に手をつかせてバックで挿入w彼女が立てなくなってきたので一旦、身体を放し湯船の外に彼女を寝かせ正上位でピストン。
そのまま抱き抱えて対面座位で奥をグリグリする。 お風呂エコーの中、今日の中で一番崩れた喘ぎ声を出して感じている彼女^^奥をグリグリしていると僕も絶頂を迎えそうになり彼女の最深部で今日2回目の発射w

お風呂だったせいか、少しのぼせてきたので身体を流してベッドに戻り、テレビを見たりしていると良い時間になってきたので撤収~^^ 彼女を別府駅まで送る途中、今度は雪が降ったら翌日行くように約束して解散しました。
プロフィール

Beer

Author:Beer
九州の大分県在住の普通の会社員です。
ただ、仕事の関係上、自由な時間が多いぐらいです。

平日の昼間は、ほぼ自由行動です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。